TKikuchiのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 対策;スマホにストラップ用の穴がない!(ZenFone Selfieにストラップを付けました)

<<   作成日時 : 2015/11/23 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

公開 2015/11/23

ASUS ZenFone Selfie(ZD551KL)には、ストラップ用の穴がありません。スマホケースの方へストラップを付け代替してみました。

スマホケースは、透明でソフトなタイプを購入しました。ストラップはリング付きを用いました。スマホケースのマイクロホン、およびマイクロUSB用の切り口に、ストラップの紐を通し結びました。

≪マイクロホン、とマイクロUSBの切り口に紐を通し・・・≫
画像

≪・・・リング付きストラップの紐を絞めます≫
画像

ZenFone Selfie本体の裏側は、つや消し仕上げで滑りにくくなっています。

≪ZenFone Selfie裏側とスマホケース≫
画像

ZenFone Selfie本体をスマホケースに収めました。購入したスマホケースも、四分の三面積ほどがつや消し仕上げになっています。手のひらを意識した曲線形状でつや消しになっていてホールド感があります、購入申込時には気が付きませんでした!

≪スマホケースは、四分の三面積が曲線形状でつや消し≫
画像

ZenFone Selfieは、ASUS製とあってNexus7風に上下が黒い縁取りで全面ブラック色になります。

≪ZenFone Selfieは全面ブラック≫
画像

先代スマホのカメラで新スマホを撮ったのですが、先代スマホが新スマホ画面に写り込んでしまいました、キズではありません。

スマホケースにストラップを付けただけですが、スマホ本体が手から滑り落ちるのは防止できます、強引な力を加えない限り、スマホ本体がケースから離脱することはないでしょう。

先代スマホは、クリア・ハードケースを使用していましたが、今回はストラップの紐をさし込むので、柔軟性のあるクリア・ソフトケースにしてみました、好印象です。値段は800円程度と安価で、液晶保護フィルムがサービスで付いていました。フィルムの方は仕上がりがイマイチで、高級品がほしいというのが本音です。

そもそもスマートフォン本体は輝きをはなち美形にできています。例えば、高価な見栄えの手帳型ケースですが、美形スマホをおおい隠してしまうわけです。趣味の範ちゅうですが、私がクリアケースを選ぶ理由です。

end 2015/11/23

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
対策;スマホにストラップ用の穴がない!(ZenFone Selfieにストラップを付けました) TKikuchiのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる