TKikuchiのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥武蔵ハイキング、物見山、日和田山を散策した後、巾着田(曼珠沙華群生地)を見学

<<   作成日時 : 2015/09/23 17:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

公開 2015/9/23

五連休の9月22日"国民の休日"です。西武秩父線・武蔵横手駅を起点に、物見山、日和田山を散策し、下山後に巾着田(きんちゃくでん)で曼珠沙華の群生を見学しました。終点は西武秩父線・高麗駅です。

500万本の曼珠沙華は素晴らしく、素人カメラマンの手にあまります。本物を現場で見ていただくしか術(すべ)はありません。今回巡ったのはいずれも埼玉県日高市になります。

武蔵横手駅 (10:05分着、10:20分出発)
物見山 (11:25分着、休憩)
駒高 (11:54分着、休憩)
[高指山]→
日和田山 (12:52分着、休憩)
金刀比羅神社 (13:25分着)
巾着田 (14:00時着)
高麗駅 (15:44分発)

西武秩父線は混雑していました、高麗駅は巾着田への下車駅です、ここでたくさんの人が下車しました。私は次の武蔵横手駅10:05分に下車、カメラのセッティングをして10:20頃出発しました。

駅舎出て車道を右手へ。数十メートル先が「五常の滝」方面入口です。針葉樹林のなか舗装された林道を、

≪すぐに林道へ≫
画像

35分ほど行くと小さな「五常の滝」ですが、5月に見学済みなのでパスです。上り坂にさししかかり小さな小屋(物置)が現れます、左手へカーブする道路ではなく、右手の細い山坂道へ右折します(左折すると北向地蔵、鎌北湖方面です)。

≪小さな小屋の右手の細い山坂道へ≫
画像

画像

画像

杉林のなかをしばらく歩くと視界が開け畑が現れ、曼珠沙華が咲く道をすすむと、民家があらわれます!

≪視界が開け畑が≫
画像

画像

馬頭の石碑の先で北向地蔵から下りてくる道と合流し、山道ながら道幅が増します。
画像

画像

ほどなく二股で、左手「物見山山頂」へ(右手は山頂を避ける巻き道です)。

≪道標「物見山山頂」へ≫
画像

すぐに山頂です。連休とあって大勢のハイカーです、眺望はよろしくありません、西武ドームの屋根がわずかに見えました。

≪物見山山頂は大勢のハイカー≫
画像

少し下ると「駒高」。眺望が開け遠方には奥多摩の山々が蒼く連なっています。林道のわきに茶店、すこし離れた場所に公共のトイレがあります。自動販売機で飲料品も調達できます。30分弱休憩です、山ガール達も休憩しています。

≪眺望がよい「駒高」≫
画像

≪「駒高」から奥多摩の山々が≫
画像

林道を上ると分岐があらわれます、高指山(左上り)と日和田山(右下り)。日和田山方向へ進みましょう

≪分岐は日和田山(右下り)へ≫
画像

画像

高指山のNTT無線中継所が見えます。道標で高指山方向へ進んだ場合、無線中継所を左手に見つつ直進してしまうと、途中で道が無くなります。強引にケモノ道に入るとループして元の場所へ戻ってきてしまいます。「何この道標!」、私だけでなく、みなさんが迷い込んでいました。

≪高指山のNTT無線中継所≫
画像

さらに23分ほど進み、道標「日和田山山頂」にそって岩が露出した山肌を登ると簡単に頂上に着きます。ここで30分ほど休憩です。

≪日和田山≫
画像

画像

画像

画像

日和田山をほんの少し下ると「金刀比羅(ことひら)神社」です、ここも眺めがよく大勢の人々が岩の上で、くつろいでいました。

≪金刀比羅神社≫
画像

画像

画像

下山すると車道に出ます。右折してさらに進むと広い道路と交差したT字路となり、その交差点を渡ると7イレブンがあります。

≪7イレブンの奥が巾着田≫
画像

このすぐ先を左折して「巾着田」へ向かいます、相当に広大です。案内板は見かけませんでした。家族ずれや大勢の観光客でごったがえしています。

≪巾着田、まだ入園前≫
画像

画像

画像

高麗川の河原から後ろを振り返りパチリ。
画像

ループ状に蛇行した高麗川の流れに囲まれた林には、五百万本といわれる曼珠沙華が群生しています、「ミゴト!」と絶句するほかはありません。この先に入園入口があります、300円でした。以降の花写真は園内で撮影したものです。

≪巾着田、園内にて≫
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

西武秩父線・高麗駅へ向かいます、駅は広い巾着田を出てから、さらに15分程度でしょうか。ここも狭い道を人ひとヒトです。

≪高麗駅へ向かう途中≫
画像

駅前で存在感を示すトーテンポールは将軍標(チャンスン)。朝鮮半島に伝わる習俗で、魔除け/災害防除/家内安全の祈願とか。

≪西武秩父線・高麗駅≫
画像

15:44分発で帰宅の途に就きました。
画像

end 2015/9/23

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
奥武蔵ハイキング、物見山、日和田山を散策した後、巾着田(曼珠沙華群生地)を見学 TKikuchiのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる