TKikuchiのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 対処方法: Chromiumでテキストファイルが文字化けする(Chromebookを買う前に)

<<   作成日時 : 2015/03/12 19:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

発行 2015/3/12

Chromium OSで、Chromebookに関していろいろ調べてきましたが、意外な部分に弱点が見つかりました。Windowsでは古典的なテキストファイル。これが扱えない! いろいろなアプリを試しましたが、文字化けしました。

1. エディターはUTF-8

いろいろなテキストエディター、Drive Notepadアプリ、Textアプリ、Caretアプリ、ShiftEditアプリを試しましたが、WindowsテキストファイルのShift_JISコードを扱えず文字化けしました。これらのアプリは、UTF-8コードしか扱えませんでした。

2. Chromiumブラウザでエンコード可能

唯一発見できたのは、Chromiumブラウザを使って、Shift_JISコードのテキストファイルを表示できることです。

このブラウザのメニュー(画面右上)アイコンから、「その他ツール(L)」→「エンコード(E)」と進むと、

UTF-8
Shift_JIS
EUC-JP
ISO-2022-JP

など、多くの文字コード体系が選べます。

3. 「ファイル」アプリで

「ファイル」アプリのファイル名一覧から、特定のテキストファイル名をダブルクリックすると、ブラウザのページとして表示されます。文字化けしたら、適切な「エンコード(E)」を指定すれば、文字化けは解消されます。このWebページの文字列をコピーして、Textアプリ、またはCaretアプリの新規ファイルに「貼り付け」すれば、そのエディターで扱える新しいテキストファイルを作れます。

「ファイル」アプリでファイル拡張子をTXTに変更すると、Chromiumブラウザのページとして表示できるようになります。

4. 「Googleドライブ」アプリで

「Googleドライブ」アプリのファイル名一覧から、特定のテキストファイル名を選んで「プレビュー」(目玉ふうマーク)を押すとテキストが表示されます。表示された文字列をコピーして、Drive Notepadアプリ、またはShiftEditアプリの新規ファイルに「貼り付け」すれば、そのエディターで扱える新しいテキストファイルを作れます。

5. 考察

Chromebookでは、Googleドライブ上のWindowsテキストファイル、およびローカルストレージ上のWindowsテキストファイルを更新することはできません。UTF-8文字コードの新規ファイルとして作成しなおす必要があります。

end 2015/3/12

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
対処方法: Chromiumでテキストファイルが文字化けする(Chromebookを買う前に) TKikuchiのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる